メインイメージ

セサミンでシワ予防

セサミンは加齢によるシワの増加を抑制

加齢とともに増えてしまう顔のシワ。
シワが増えると老けて見えてしまうので、女性にとっては見た目の若々しさを保つために、シワの予防が重要です。
セサミンは女性の大敵であるシワを予防する効果があります。
今回は、セサミンでシワが予防できる理由についてお話します。

シワの原因は加齢によるコラーゲンの減少

皮膚にハリを与えるのは、真皮の保湿成分であるコラーゲンです。
真皮の実に70%がコラーゲンでできており、皮膚のコラーゲンは繊維芽細胞で生合成されます。
しかし、代謝※機能が低下する40歳を過ぎると、合成されるコラーゲンより分解されるコラーゲンの方が増えます。
その結果、真皮のコラーゲン量が減少し、皮膚が弛みシワになります。

※1 代謝とは、ある物質を体内の化学反応で、別の性質の物質に変えること。

コラーゲンの分解は活性酸素が原因

詳しい説明(クリックで展開)

繊維芽細胞はコラーゲンの合成とともに、コラーゲンの分解も行っています。
皮膚に活性酸素※2が増えると、繊維芽細胞からコラーゲン分解酵素が放出されコラーゲンの分解を促進します。
コラーゲンが分解されると、細胞とコラーゲンが分離してしまいます。
コラーゲンから分離した繊維芽細胞では、細胞内で活性酸素が増加しコラーゲン分解酵素の放出が増えるという悪循環が生じます。

※2 活性酸素とは電子が欠損し物質として不安定な酸素のこと。他の物質と結合して物質としての安定化を図るため、普通の酸素に比べ化学反応が早い性質があります。

繊維芽細胞とグルタチオン

詳しい説明(クリックで展開)

皮膚は常に紫外線を浴びており、紫外線は皮膚を貫通して細胞内の酸素の電子を弾き飛ばし、活性酸素にします。
繊維芽細胞で活性酸素から細胞を守る役割を果たしているのが、抗酸化物質のグルタチオンです。
グルタチオンは主に細胞の中で活性酸素を除去する物質で、細胞がエネルギーを生産する際に副産物として生じる活性酸素と素早く結合し、活性酸素を無害化します。
しかし、加齢で肝臓の代謝機能が低下すると、グルタチオンの生産力も低下します。
その結果、繊維芽細胞内のグルタチオンも減少し、コラーゲン分解酵素の放出が増大してしまいます。

グルタチオンと肝臓の関係

詳しい説明(クリックで展開)

真皮のコラーゲンを作る繊維芽細胞のグルタチオンは、肝臓で生産されます。
肝臓は俗に「生体の化学工場」と呼ばれ、各種酵素やたんぱく質の合成以外にも、エネルギーの生産や解毒、鉄の貯蔵など、様々な役割を担っています。
加齢で肝臓の代謝機能が低下すると、グルタチオンの生産力が低下します。

肝臓は生体のエネルギーを生産するため、大量の活性酸素が発生します。
また、肝臓に蓄積された鉄からも活性酸素が放出されます。
グルタチオンは肝臓で発生する活性酸素を除去する役割もあり、グルタチオンの生産が低下すると肝臓の活性酸素が増え、肝臓の組織と結合してその機能を低下させます。
その結果、肝機能がさらに低下し、肝臓で生産されるグルタチオンの量も減少するという悪循環に陥ります。

セサミンは抗酸化物質

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンはゴマに含まれる栄養素で、ゴマリグナンと呼ばれるポリフェノール性物質の一種です。
セサミンは油に溶ける脂溶性の抗酸化物質で、肝臓でカテコール体に代謝されると抗酸化物質として活性化します。

他の抗酸化作用を持つ栄養素の多くは、肝臓に到着する前に、血管内で活性酸素と結合し効力が減少してしまいます。
しかし、セサミンは肝臓に至るまで活性酸素に反応しないため、肝臓での活性酸素の除去に強力に作用します。
また、セサミンは同じ脂溶性の抗酸化物質で、肝臓の活性酸素の除去に活躍するビタミンEを活性化する作用もあります。
その結果、肝臓の代謝機能が改善し、肝臓で生産するグルタチオンも増えます。

セサミンはグルタチオンを活性化

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンはまた、肝臓で生産されるグルタチオンを活性化する作用があります 活性化したグルタチオンは血液で繊維芽細胞に運ばれ、繊維芽細胞内で活性酸素の除去を行います。
その結果、コラーゲン分解酵素の生産量が減り、コラーゲンの合成量の方が勝るようになり、真皮のコラーゲンの減少によるシワの発生を予防できます。

過酸化脂質化した皮脂もシワの原因になる

詳しい説明(クリックで展開)

毛穴に溜まった皮脂も、紫外線を浴びると活性酸素で変質し、過酸化脂質化します。
過酸化脂質化すると、自らも活性酸素を放出し、皮膚のコラーゲンの酸化を促進し、シワの原因になります。

皮脂の過酸化脂質化を抑制するのが、セサミンにより肝臓で活性化したビタミンEです。
ビタミンEは肝臓で生産された中性脂肪に侵入し、血液とともに皮脂線に運ばれ、皮脂として皮膚に分泌されます。
ビタミンEが侵入した皮脂は紫外線の影響を受け難くなり、過酸化脂質化が抑制されるので真皮のコラーゲンを活性酸素から守れます。

まとめ

シワは活性酸素により、真皮のコラーゲンの合成を行う繊維芽細胞から放出されるコラーゲン分解酵素が増えるのが原因です。
セサミンは繊維芽細胞で抗酸化物質として作用するグルタチオンを活性化するので、コラーゲン分解酵素の発現を抑制し、真皮のコラーゲン量を増やすことでシワを予防します。
セサミンは、シワの無いハリのある素肌をサポートする健康食品です。

この記事に関連する記事はこちら