定期購入

セサミンの肝臓への働きかけ

私たちの日常生活の中で、食生活は体を作りあげる基礎となっています。
摂取した食べ物から体に必要な栄養素を作りあげて、エネルギーに変えています。
そのため食生活が不規則になると、体に与えられる栄養素に偏りが出てしまいます。
バランスがいい食生活を送るということが、体に負担が無く健康的な毎日を送ることにつながります。

しかし毎日あわただしい生活をしている中で、日々の食生活まで栄養バランスを考えるのはとても大変です。
どうしても疎かになり、肥満体や生活習慣病などを生み出してしまいます

そこで、生活習慣病を予防する一つの方法としてセサミンの摂取がお勧めです。
セサミンはゴマに含まれる有効成分だということは、多くの人に認知されています。
セサミンには強い抗酸化作用があることが分かっています。

抗酸化作用とは、活性酸素を除去する働きがあります。
活性酸素は体内の細胞を酸化させて、正常に働かなくさせてしまいます。
その結果、有害物質を生み出して病気を発生させ、肌のたるみやシワを生み出します。

このような活性酸素は体全体に発生しています。
しかしそのうちの7割近くが肝臓に集中しているといわれています。
そのため肝臓の負担がとても大きく、肝機能が低下してしまう人がとても増えています。

セサミンのサプリメントは肝臓で最も活発に働くという特徴があります。
そのため肝臓に蓄積している活性酸素をセサミンの抗酸化作用が除去することで肝細胞の負担を軽減してくれます。
さらに肝細胞を活性化させることで、肝機能を向上させることができます。

お酒が好きな人にとってアルコールも肝臓の負担となってしまいます。
肝機能を高めるということは、二日酔いの予防にもつながります。
肝臓は沈黙の臓器といわれ、何かしらの症状が発症する頃には、肝機能が著しく低下していることが多いです。
そうなってしまうと肝臓の摘出や移植をしなくてはいけなくなります。
普段から肝臓をセサミンでしっかりケアすることで、このようなリスクを低下させることができます。