メインイメージ

サプリメントのタイプでセサミンを選ぶ

セサミンのサプリメントはタイプ別に効果の違いはあるのか?

ゴマの稀少な栄養素で、アンチエイジングや生活習慣病の予防など健康効果が高いことで知られるセサミン。
その高い健康効果から、メーカー各社から様々なタイプのサプリメントが販売されています。
ところで、サプリメントには錠剤タイプやカプセルタイプの種類がありますが、形状が違うと効果も違うのでしょうか?
今回は、セサミンをサプリメントの形状の違いで選ぶ際の、注意点についてお話します。

セサミンはどんな栄養素?

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンはゴマ全体の僅か1%に満たない栄養素で、ゴマリグナンと呼ばれるポリフェノール性物質の一種です。
セサミンは油に溶ける脂溶性の抗酸化物質で、体内で発生する人体に有害な活性酸素※1を除去する効果があります。
また、セサミンは女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が似ている植物エストロゲンとしての性質もあり、エストロゲンの代用として作用します。

※1 活性酸素とは電子が欠損し物質として不安定な酸素のこと。他の物質と結合して物質としての安定化を図るため、普通の酸素に比べ化学反応が早い性質があります。

さらに、セサミンは脂肪やコレステロールを減らし、アルコールを分解する際に必要なアセトアルデヒド脱水素酵素を増やす効果もあります。
これらの効果が、「生体の化学工場」と呼ばれる肝臓の機能を改善し、様々な健康効果をもたらします。

サプリメントのタイプ別でみるセサミン

セサミンは、サプリメントのメーカー各社から様々なタイプが販売されています。
サプリメントは形態により、(1)粉末、(2)タブレット、(3)カプセル、(4)ドリンクといった種類が製造されています。
それぞれの形態で、セサミンはどのような違いがあるのでしょうか?

粉末タイプ

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンを謳ったサプリメントの中には、粉末タイプのものがあります。
粉末なので、全てセサミンのように感じられますが、ほとんどがゴマから脂質や水分を抜いて粉末にしたものです。
そのため、ゴマに含まれる他のビタミンやミネラルといった豊富な栄養素も摂取できます。
また、他の飲料と共に溶かして摂取が可能です。

しかし、セサミンは油と一緒に摂取しないと体内への吸収率が悪い性質があります。
また、ゴマに含まれるたんぱく質は、人によってはアレルギー反応を引き起こす場合があります。

タブレットタイプ

詳しい説明(クリックで展開)

タブレットとは錠剤のことで、本来僅かしかない栄養素を飲みやすくするため、デンプン(糖)と共に圧縮して生産されたサプリメントです。
デンプン自体はエネルギーに変換されるので無害ですが、保存のために安全基準の範囲内で防腐剤や酸化防止剤などの添加物が加えられています。

前述するように、セサミンは脂溶性の栄養素なので、油脂成分を含まないタブレットタイプはあまりおススメできません。
ただし、アレルギー物質は入っていないので、ゴマや後述するコラーゲンにアレルギー反応を起こす人は、タブレットタイプが最適です。

カプセルタイプ

詳しい説明(クリックで展開)

カプセルタイプのセサミンは、ゼラチンでできたカプセルの中に食用油脂を入れ吸収率を高めたもので、現在販売されているセサミンのサプリメントの主流です。
油は酸化しやすく、保存のために通常添加物を入れて酸化を防ぎますが、セサミン自体が物質の酸化を防ぐ抗酸化物質なので、酸化防止剤の必要がありません。
そのため、セサミンをダイレクトに摂取するのであれば、カプセルタイプがおススメです。

ただし、ゼラチンは動物性たんぱく質のコラーゲンでできているため、このゼラチンに反応してアレルギーを起こす場合があります。

ドリンクタイプのセサミン

詳しい説明(クリックで展開)

ドリンクタイプのセサミンは、セサミン自体を摂取するというよりは、他の主要目的の栄養素にセサミンも加えているといったタイプが主流です。
大体が、腸の健康にいい乳酸菌飲料か、各種ビタミンやミネラルが豊富な青汁にセサミンが添加されているタイプです。

乳酸菌飲料の場合、原料の牛乳に脂質が含まれているため、吸収率が上がります。
また、青汁は脂質が少なくヘルシーなイメージがありますが、適度に脂質を含んでいるのでセサミンの吸収率を高めます。
セサミン自体をダイレクトに摂取するには不向きですが、他の栄養素も摂取したい方にはおススメです。

まとめ

セサミンは脂溶性の抗酸化物質で、油と一緒に摂取すると体内への吸収率が上がる特徴があります。
セサミンのサプリメントには様々な種類がありますが、セサミンの効果をダイレクトに得たい場合は、カプセルタイプがおススメです。

粉末タイプとドリンクタイプはセサミン以外の栄養素が含まれており、他の栄養素も補給したい人には良いでしょう。
タブレットタイプは油脂成分が無く吸収率は良くありませんが、アレルギーを引き起こすたんぱく質は含有しないので、ゴマやコラーゲンに反応が出る人に向いています。
セサミンのサプリメントは、タイプにより一長一短があるので、自分の目的に合ったサプリメントを選んでください。

この記事に関連する記事はこちら