メインイメージ

セサミンでシミ対策

セサミンでシミは消える?

ゴマ由来の栄養素で、アンチエイジングや美容に効果があると言われるセサミン。
素肌にシミが出来ると目立つばかりか、化粧も厚塗りになって若々しく健康的なイメージから遠ざかってしまいます。
アンチエイジングの効果があるセサミンは、シミ対策にも効果があるのでしょうか?
今回は、セサミンとシミの関係についてお話します。

シミの原因

詳しい説明(クリックで展開)

皮膚は本来、紫外線やウィルスなどの外の環境から皮膚の下の組織を守る器官です。
皮膚が紫外線を浴びることで、メラノサイトという細胞からメラニン色素が合成され、皮膚に沈着するとシミになります。

なぜメラニン色素の合成が必要?

詳しい説明(クリックで展開)

紫外線は貫通力が強い電磁波で、皮膚の細胞内の酸素の電子を弾き飛ばし、活性酸素※1に変えます。
体の組織が活性酸素と結合すると変質し、その機能を失い劣化します。
また、活性酸素が皮脂と結合すると分解され難い過酸化脂質に変質し、過酸化脂質からも活性酸素が放出されるので皮膚の劣化が促進されてしまいます。

※1 活性酸素とは電子が欠損し物質として不安定な酸素のこと。他の物質と結合し物質としての安定化を図るため、普通の酸素に比べ化学反応が早い性質があります。

紫外線は濃い色に吸収される性質があり、皮膚の活性酸素が増えるとメラニン色素を合成し、皮膚に色を付けることで、紫外線が皮膚の下の組織まで貫通しないように阻止します。

シミが残るのは新陳代謝の低下も要因

詳しい説明(クリックで展開)

紫外線によるシミは、厚さ僅か0.1~0.3mmの表皮細胞内で起ります。
表皮は新陳代謝※2が活発な場所で、メラニン色素で皮膚に色が付いてもターンオーバーでやがて表皮から剥がれ落ちます。
しかし、加齢で新陳代謝が低下すると、皮膚のターンオーバーが遅くなり、メラニン色素が皮膚にいつまでも停滞してしまいます。

※2 新陳代謝とは、古い細胞を分解し、細胞分裂で新しい細胞に入れ替えることで、組織の機能を保つ生理現象のこと。

また、強い紫外線を慢性的に浴び続けると、表皮の基底層で生産されるメラニン色素が真皮層まで染み込んでしまいます。
真皮層は表皮のように新陳代謝が活発ではないので、一度シミとして沈着するとなかなか消えなくなります。

セサミンでシミを消す

セサミンは抗酸化物質として作用する

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンはゴマ由来の栄養素で、ゴマリグナンと呼ばれるポリフェノール性物質の一種です。
セサミンは油に溶ける脂溶性の抗酸化物質として作用しますが、そのままでは抗酸化物質としてほとんど作用しません。
セサミンは体内に吸収され、肝臓でカテコール体に代謝※3されることで抗酸化物質として活性化し、肝臓で発生する活性酸素を除去します。

※3 代謝とは、ある物質を体内の化学反応で、別の性質の物質に変えること。

また、セサミンは肝臓で生産される抗酸化物質のグルタチオンや、同じ脂溶性の栄養素で抗酸化物質であるビタミンEの作用を活性化する働きもあります。
グルタチオンやビタミンEは肝臓から血液を通じ全身に運ばれ、体の各所で抗酸化作用を発揮します。

グルタチオンやビタミンEはシミの発生を抑制する

詳しい説明(クリックで展開)

グルタチオンは細胞内で抗酸化物質として作用し、ミトコンドリアがエネルギーを生産したり、紫外線を浴びたりして細胞内に発生する活性酸素を除去します。
また、ビタミンEは皮膚の細胞の細胞壁の構成物質であるリン脂質に侵入し、活性酸素から細胞を守ります。

皮膚のメラノサイトは、皮膚で活性酸素が増えるとメラニン色素を合成するので、皮膚にセサミンで活性化したグルタチオンやビタミンEが増えると、その合成が抑制されます。
その結果、紫外線による皮膚の活性酸素の発生が減り、メラニン色素の合成も減るので、ターンオーバーで表皮が剥がれ、シミが消えていきます。

セサミンで肌の新陳代謝を活性化

ターンオーバーとエストロゲン

詳しい説明(クリックで展開)

女性が加齢で肌のターンオーバーの周期が遅くなるのは、更年期を迎え女性ホルモンのエストロゲンが減少するのが原因です。
女性の場合、エストロゲンが肌の新陳代謝に関与しているため、エストロゲンが減少すると新陳代謝が悪くなり、表皮が剥がれるまでに時間が掛かってしまいます。
その結果、表皮にメラニン色素が停滞する期間が増え、シミが増えます。

セサミンは植物エストロゲンとして作用する

詳しい説明(クリックで展開)

セサミンは抗酸化物質以外に、分子構造が女性ホルモンのエストロゲンと似ており、植物エストロゲンとして作用します。
植物エストロゲンは、摂取すると体内で細胞のエストロゲン受容体と結合し、エストロゲンが結合した時と同じ反応が起こります。

そのため、セサミンを摂取すると更年期で減少したエストロゲンの代用となり、表皮のターンオーバーを改善します。
その結果、シミの原因となるメラニン色素が沈着した表皮が剥がれやすくなり、シミが消えてゆきます。

まとめ

シミは紫外線を浴びることで皮膚に活性酸素が生産され、それを防ぐために表皮でメラニン色素が合成され、新陳代謝の低下で長く表皮に停滞することで発生します。
セサミンは抗酸化物質として活躍するだけでなく、皮膚で抗酸化物質として作用するグルタチオンとビタミンEを活性化するので、皮膚で発生する活性酸素を抑えメラニン色素の合成を阻害します。

また、加齢でエストロゲンの分泌が減少すると、肌の新陳代謝が低下し、表皮のターンオーバーが遅れシミが剥がれ難くなります。
セサミンは植物エストロゲンとしても作用するので、肌の新陳代謝を活性化し、ターンオーバーを改善するので、シミが正常に剥がれ落ちるようになります。
セサミンは、加齢で増えるシミ対策に有効な健康食品です。

この記事に関連する記事はこちら