メインイメージ

セサミンでアンチエイジング

セサミンはアンチエイジング効果がある

ゴマ由来の栄養素でアンチエイジングや美容、体質改善に効果があることで人気のセサミン。
人は年を取ると、見た目も肉体も衰え、体の各所に老化現象が現れます。
セサミンはアンチエイジングに効果があると言われますが、それはどうしてでしょうか?
今回は、セサミンがアンチエイジングに効果がある理由についてお話します。

老化とは

詳しい説明(クリックで展開)

老化とは組織の新陳代謝が低下することで、組織の機能の劣化を阻止できなくなることです。
人は新陳代謝で古い細胞を分解し、細胞分裂で新しい細胞に入れ替えることで組織の機能を保ちます。
しかし、加齢により体の代謝機能が低下することで細胞分裂が遅れたり、細胞分裂が正確に行われなくなったりすると、組織の劣化が顕著になり、体の各所に老化現象として現れます。

老化の原因は活性酸素

詳しい説明(クリックで展開)

人は細胞内のミトコンドリアがエネルギーを生産したり、紫外線を浴びたりすると、体内に活性酸素が発生します。
活性酸素は電子が欠損し、物質としてとても不安定な酸素です。
活性酸素は他の物質と結合して物質としての安定化を図るため、物質を酸化させる反応が早く、体の組織と素早く結合し、別の性質を持つ物質に変えてしまいます。

例えば、遺伝子情報を司るDNAやRNAを傷つけ、正確な細胞分裂ができないようにします。
その結果、加齢で新陳代謝の機能が低下すると、活性酸素による変質した組織の分解が進まず、正常な細胞分裂が行われなくなるので、組織の老化が促進します。
つまり、老化とは組織の酸化です。

体の酸化で起こる老化現象

詳しい説明(クリックで展開)

外見では肌のシワやシミ、肌荒れ、白髪が増えます。
また、免疫力が減退し、体の各所の組織を変質化するので動脈硬化や肝疾患、筋肉の硬化などの体の不調を助長します。
さらに、脳の細胞も傷つけるので記憶力が低下し、認知症の原因となります。

活性酸素は抗酸化物質で除去する

詳しい説明(クリックで展開)

体内で発生した活性酸素は、抗酸化物質で除去します。
抗酸化物質は、活性酸素が他の物質と結合する前に結合し、活性酸素を無害化します。
また、活性酸素が結合した物質を還元※1し、元の物質に戻す作用があります。

※1 還元とは、物質から酸素を切り離すこと。

抗酸化物質は主に肝臓で、カタラーゼやSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、グルタチオンなどの酵素や尿酸が生産されます。
また、食物では必須栄養素のビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、植物特有の栄養素であるポリフェノールなどが抗酸化物質として作用します。

セサミンは抗酸化物質

セサミンがアンチエイジングに効果があるのは、セサミンも抗酸化物質だからです。
セサミンは油に溶ける脂溶性の抗酸化物質で、ゴマリグナンと呼ばれるポリフェノール性物質の一種です。
セサミンはそのままでは抗酸化物質としてほとんど作用しませんが、体内に吸収され肝臓に運ばれると、そこでカテコール体に代謝※2され抗酸化物質として活性化します。
セサミンは、抗酸化物質を生産する肝臓で抗酸化物質として作用し、肝臓の機能を改善する効果があります。

※2 代謝とは、ある物質を体内の化学反応で、別の性質の物質に変えること。

セサミンは他の抗酸化物質も活性化し老化を抑制する

セサミンは自分自身が抗酸化物質として活性酸素を除去する以外に、肝臓で生産されるグルタチオンや、食物から摂取したビタミンEを活性化する作用があります。
グルタチオンやビタミンEは、肝臓から血液で体の各所に運ばれ、体の各所に発生する活性酸素を除去します。

グルタチオンは細胞で、ビタミンEは脂質で作用する

グルタチオンは細胞内で作用する抗酸化物質で、細胞内に発生した活性酸素と素早く結合し、DNAやRNAの損傷や細胞の劣化を防ぐ作用があります。
ビタミンEはセサミンと同じ脂溶性の抗酸化物質で、細胞膜のリン脂質や、中性脂肪や悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールなどの脂質の酸化を防ぎます。

グルタチンやビタミンEは体の各所の酸化を防ぐ

グルタチオンやビタミンEがセサミンで活性化すると、紫外線で発生する活性酸素から皮膚の酸化を防ぎ、シミやシワの発生を減らすので若々しい肌を保てるようになります。
また、血栓の原因となる血管や筋肉、血中の脂質の酸化を防ぎ動脈硬化を予防し、組織の機能の劣化も防ぎます。
さらに、脳は重量の60%が脂質なので、脂溶性のビタミンEは脳内で発生する活性酸素から脳の神経細胞を守り、酸化による脳の機能の老化を抑制します。

まとめ

老化は、加齢で新陳代謝の機能が衰え、劣化した組織の入れ替えが間に合わなくなることで生じます。
体の劣化は体内で発生する活性酸素が原因で、活性酸素は抗酸化物質で除去しますが、抗酸化物質が不足すると劣化した組織の新陳代謝が間に合わず、老化を促進します。

セサミンは抗酸化物質として主に肝臓で作用し、体の各所で抗酸化物質として作用するグルタチオンやビタミンEを活性化し、組織の酸化を防ぎ老化を抑制します。
ぜひ毎日セサミンを摂取し、老化の原因となる活性酸素を除去し、アンチエイジングの効果を実感してください。

この記事に関連する記事はこちら