メインイメージ

セサミンをアルコールと一緒に飲んでいいの?

セサミンとお酒は一緒に飲んでいいの?

セサミンは生活習慣病の予防やアンチエイジングに効果があり、ゴマ由来の栄養素として各社から様々なタイプのサプリメントが販売されています。
サプリメントを摂る時は水などの飲料が必要ですが、寝酒と共にサプリメントを摂取する方も少なくないようです。

医薬品の中にはアルコールと一緒に摂取することを禁止するものが多くありますが、セサミンのサプリメントはお酒と一緒に摂取してもいいのでしょうか?
今回は、セサミンとアルコールの飲み合わせについてお話します。

セサミンは薬ではない

セサミンはゴマの僅か1%に満たない栄養素で、ゴマリグナンと呼ばれるポリフェノール性物質の一種です。
ポリフェノールは二次代謝産物と呼ばれる植物特有の成分で、生体の維持には必要はありませんが、継続して摂取することで体に何かしらの効果をもたらす栄養素です。
そのため、医薬品のように特定の症状に対し即効性を示す成分ではありません。

医薬品に使用される人工的な化学成分は、アルコールをはじめとした化学物質に過剰反応するものも少なくないので、医者の処方箋を守らなければなりません。
一方、サプリメントなどの健康食品は、普段私たちが摂取している食品から抽出した栄養素なので、一部を除いてアルコールに対し過剰反応することはありません。
ただし、栄養素によってはアルコールで吸収や効果が削がれる場合もあります。

セサミンとアルコールの飲み合わせ

セサミンは、ゴマから抽出した成分です。
ゴマと一緒にお酒を飲んで中毒になった話が無いように、セサミンとアルコールを一緒に摂取しても重篤な事態になることはまずありません。
慣用句では「酒は百薬の長」と呼ばれ、この部分が強調されますが、『徒然草』ではその下に「万の病は酒よりこそ起これ」とあるので、お酒の摂取は適量であることが望まれます。

たしかに少量のお酒であれば血行を良くし、入眠を促す作用があります。
しかし、これが慢性化すると体がそれに慣れ眠れなくなり、さらにお酒の量が増えて深酒となります。
アルコールの量が増えれば、それだけ肝臓を酷使することになるので、逆に疲労が蓄積してしまいます。
そのため、寝酒と一緒にセサミンを摂ることは、本来お勧めできません。

セサミンはアルコールの代謝を促進する

セサミンを健康維持のためにお酒と一緒に摂取することはお勧めできませんが、お酒を飲んだ時に二日酔い防止策として活用する場合は大いに役立ちます。

アルコールは毒物

詳しい説明(クリックで展開)

本来アルコールは、体にとって毒物と見なされます。
体内に吸収されたアルコールは、毒物を解毒する肝臓に運ばれ、そこでアルコール脱水素酵素とアセトアルデヒド脱水素酵素で無害な酢酸と炭酸ガスに代謝※1されます。
日本人がアルコールに弱いのは、アセトアルデヒド脱水素酵素の生産量が先天的に少ないためで、アルコール分解後に発生する猛毒のアセトアルデヒドが長い間肝臓に留まり、肝機能を低下させます。
セサミンはアセトアルデヒド脱水素酵素の生産量を3~4倍に増やす作用があるため、アルコールの代謝を早め、二日酔いの諸症状を緩和します。

※1 代謝とは、ある物質を体内の化学反応で、別の性質の物質に変えること。

セサミンはアルコールによる脂肪肝を抑制する

詳しい説明(クリックで展開)

肝臓は別名「生体の化学工場」と呼ばれ、解毒以外にエネルギーの生産や各種たんぱく質や酵素の生産、胆汁の生産、鉄の貯蔵などを行っています。
アルコールを摂取すると、アルコールを代謝している間、肝臓の他の機能が疎かになります。

その結果、摂取した糖質、脂質、たんぱく質の三大栄養素のエネルギー代謝が低下し、それらが脂肪として蓄えられ、脂肪肝になってしまいます。
脂肪肝が悪化すると肝炎を引き起こし、それを放置すると肝硬変になって回復が困難になります。

お酒で太るのは一緒に食べるおつまみのせいもありますが、アルコールによる肝機能の低下も一因です。
セサミンは肝臓に蓄積された脂肪からエネルギーを取り出す際に必要な、脂肪酸β酸化系酵素や脂肪酸酸化系酵素の発現を増やす作用があります。
そのため、肝臓に蓄積した脂肪の燃焼を促進し、脂肪肝を予防します。

まとめ

セサミンは医薬品ではないので、セサミンのサプリメントをお酒で一緒に摂取したとしても、問題になるようなことは起こりません。
セサミンは肝臓でアルコールを代謝する際に必要なアセトアルデヒド脱水素酵素の生産量を増やし、アルコールの代謝を促進する作用があります。

また、アルコールの慢性的な摂取は脂肪肝を引き起こしますが、セサミンは肝臓の脂肪燃焼を促進する作用もあるので、アルコールによる脂肪肝も抑制できます。
セサミンの摂取にお酒を用いることはお勧めできませんが、お酒を飲んだ時にセサミンの摂取はお勧めします。

この記事に関連する記事はこちら